証券アナリスト武田甲州の個別株速報(原則として平日朝7時半頃配信)

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム(原則として週1回、月曜日朝7時頃配信)

武田甲州の「バフェット流」株式長期投資で悠々自適(原則として週1回、日曜日お昼前配信)

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム(原則として週1回、日曜日お昼前配信)

Amazonアウトレット

PR
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
WASHハウス アポなし訪問
0

    JUGEMテーマ:株・投資

     

    先週金曜日に宮崎市のWASHハウス本社をアポなし訪問しました。

     

    アポなしでしたが社員の方が全員席から立って迎えていただいたのには驚きました。

     

    なるほどあれが集中監視システムなのかと感心することしきり。

    広報の方ではありませんでしたが、丁寧に応対していただきました。

     

    あいにくと会議中にうえ、他のお客様対応もあって短時間しか訪問できませんでしたが、良い印象。

    フロアの広さの割には机がすきまなく並んでいましたので、手狭ではありませんか?

    と尋ねたところ、「手狭です」と即答されました。

     

    急成長途上という印象を受けましたが、そのうちオフィス拡張ということもありえそうです。

    (以前2002年ころ同じ宮崎市内に本社があったコスモス薬品を訪問したときには店舗数が100店舗になったころで、大変手狭になっていましたが、今では店舗数は8倍の800店舗、本社も福岡市に移転しています)

     

     

    会社を辞するときも皆さん席を立たれてお見送りをしていただきましたが、恐縮の至りという感じでした。

    ご参考として、「株式投資羅針盤17年4月版」を手元で印刷したものをお渡ししてきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | コーヒーブレイク | 19:17 | - | - |
    6537 WASHハウス
    0

      JUGEMテーマ:株・投資

       

      WASHハウスが10000株超の寄り付き成行買い注文を集めて買い気配スタート。

       

      昨日から5日線が右肩上がりに上方転換しました。

      25日線は4960〜70円付近にあり、現在も右肩上がりで動いています。

       

      ここからの注目は5月10日発表予定の第1四半期決算。

      1〜3月に福岡県を中心に大量出店しているようですが、効果に期待したいところです。

       

      なお、日本マイクロソフト、アクアと開発している「IOTクラウドランドリーシステム」は今年秋口に登場する予定。

      このシステムを稼働させることで、米国進出は意外と早く実現すると思われます。

       

      当面の株価はまだ不安定な部分があるものの、利益確定売りを消化しながら底打ちそして緩やかな反転上昇が見込まれます。

       

       

       

      | コーヒーブレイク | 09:48 | - | - |
      英国 総選挙実施
      0

        JUGEMテーマ:株・投資

         

        英国の下院解散・総選挙をメイ首相が発表しました

         

        英国のEU離脱について信を問うということだそうです。

        もしメイ首相率いる保守党が負ければEU残留ということなのでしょうか?

         

        よくわかりません。

         

         

         

         

        | コーヒーブレイク | 20:37 | - | - |
        2492 インフォマート
        0

          JUGEMテーマ:株・投資

           

          フィンテック関連で一躍注目を浴び始めたのがインフォマートです。

           

          もともと食品業界のBToBプラットフォーム運営の企業として成長してきましたが

          2年前に導入した「BToBプラットフォーム請求書システム」が大ヒット成長中。

           

          このシステムは企業間における請求書のやり取りをクラウド上で行うプラットフォーム。

          請求書の発行側と受け取り側が同じプラットフォームを利用することで請求書業務のすべてがWeb上で行えるだけでなく、

          「電子帳簿保存法」にも対応、企業規模に無関係に請求書の電子化、ペーパーレス化が可能になるという優れもの。

           

          請求書業務のクラウド化でこれまで関係のなかった業界の企業による導入も拡大、3月には導入企業数が13万社超え、

          17年末には30万社を目指しとしています。

           

          たとえば野村證券では半年間で2.5万枚の紙の請求書を削減、数千万円のコストカットに成功しています。

          今後も導入企業はどんどん増えていくはずですから、いずれこのシステムが「デファクトスタンダード」=事実上の標準になるかもしれないと思っています。

           

          今期業績は大幅増益で四季報では来期も引き続き大幅増益予想。

          株価は年初来高値721円に対し、現在は610円台。

           

           

          ※一般企業から見ると

          請求書の作成や発送業務は手間ばかりかかって、収益の足を引っ張る部分。

          これを自動化して例えば年間5000万円のコストカットに成功すれば年数億円〜10億円前後の売上高増加に匹敵する利益上乗せになります。

          大変な効果を上げられるシステムということで導入企業はうなぎのぼりに増えていくのは間違いないと思います。

           

           

           

           

           

           

           

          | コーヒーブレイク | 13:11 | - | - |
          | 1/1175PAGES | >>