PR
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
6594 日本電産
0

    JUGEMテーマ:株・投資

     

    日本電産が下方修正を発表しました。

    売上高 1兆6000億円 →1兆4500億円

    営業利益 1950億円 →1450億円

    経常利益 1875億円 →1400億円

    純利益 1470億円 →1120億円

    1株利益 498.63円 →379.91円

     

    かなり厳しいです。

    他の銘柄への影響も相当大きなものが出そうです。

     

     

    以下

    日経新聞速報

     

     

    永守重信会長は「尋常ではない変化が起きた。

    46年経営を行ってきたが、月単位で受注がこんなに落ち込んだのは初めて」と話した。

     

     

    主なやり取りは以下の通り。

     

    ――中国需要の減速の影響は。

    永守会長「昨年10月まで計画通りに推移していたが、11月、12月になって受注ベースで世界的に全てのセグメントで尋常ではない変化が起きた46年間経営をやってきて、月単位でこんなに落ち込んだのは初めてだ。(米中貿易戦争の影響を)甘くみてはいけない」

    ――主にどの分野で影響が出ましたか。

    吉本浩之社長「車載向けのモーターの生産が昨年7月から徐々に低調になり、11月、12月とさらに落ち込んだ。中国での生産台数は18年11月に前年同月に比べ3割減になった」

    永守会長「省エネ家電も昨年11月、12月に3〜4割落ち込んだ。現状のままではエアコン関連で4千万台の在庫があると聞いている。中国政府の施策で在庫の状況は変わるかもしれないが、場合によっては19年4〜6月期まで在庫がはけない可能性がある」

    ――240億円の構造改革費用の内訳は。

    佐藤明副社長「設備の償却に100億円を計上する。需要の減っているハードディスクドライブ(HDD)向けモーターを生産するフィリピンの工場の転用のほか、欧州工場の統廃合を予定より早く進める。在庫の償却に80億円。残りは19年度に計上予定だったM&A(合併・買収)に関連した費用を18年度に織り込む」

    ――今後をどう見通しますか。

    永守会長「20年度に売上高2兆円を達成する目標は変えない。投資すべきものには投資し、新事業も計画通りに進める。ただ、世界経済や政治の影響で足元がこれだけ大きく変化をした。縮むのではなく、しゃがんで、それからまた飛躍する。構造改革を先行的に行い、仮にさらに市場が悪化しても我々は結果を出すつもりだ」

     

     

     

     

     

     

    | コーヒーブレイク | 21:37 | - | - |
    日々の騰落レシオ
    0

      JUGEMテーマ:株・投資

       

      2019年01月17

       

      騰落レシオ  76.34    +4.55

      日経平均株価  20,402.27円  -40.48円

      TOPIX 1,543.20  +5.43
      TPX日経400 13,690.95   +43.48

      東証マザーズ指数  937.80   +17.08


      移動平均乖離率
       
      総合乖離  -15.54
      5日 +0.09%
      25日 -1.01

      75日 -6.59%
      200日 -8.02%


      出来高  11億4873万
      売買代金  1兆9778億円

      時価総額 579兆4548億円

      最近の日経平均株価と騰落レシオのデータ

       

      2019年01月16日  20,442.75         71.79

      2019年01月15日  20,555.29         68.88

      2019年01月11日  20,359.70         69.44

      2019年01月10日  20,163.80         70.96

      2019年01月09日  20,427.06         74.85

      2019年01月08日  20,204.04         76.21

      2019年01月07日  20,038.97         77.53

      2019年01月04日  19,561.96         72.51

      2018年12月28日  20,014.77         77.88

      2018年12月27日  20,077.62         76.17

      2018年12月26日  19,327.06         68.49

      2018年12月25日  19,155.74         65.64

       

       

       

      武田甲州の過去騰落レシオ

       

       

      日経平均株価のPER、PBR、EPS、BPSのデータ BY武田甲州

       

       

       

       

       

       

       

      | 騰落レシオ | 20:35 | - | - |
      日々の騰落レシオ
      0

        JUGEMテーマ:株・投資

         

        2019年01月16

         

        騰落レシオ  71.79    +2.91

        日経平均株価  20,442.75円  -112.54円

        TOPIX 1,537.77  -4.95
        TPX日経400 13,647.47   -35.25

        東証マザーズ指数  920.72   +6.53


        移動平均乖離率
         
        総合乖離  -15.29
        5日 +0.26%
        25日 -1.10

        75日 -6.61%
        200日 -7.84%


        出来高  12億0962万
        売買代金  2兆1581億円

        時価総額 577兆6435億円

        最近の日経平均株価と騰落レシオのデータ

         

        2019年01月15日  20,555.29         68.88

        2019年01月11日  20,359.70         69.44

        2019年01月10日  20,163.80         70.96

        2019年01月09日  20,427.06         74.85

        2019年01月08日  20,204.04         76.21

        2019年01月07日  20,038.97         77.53

        2019年01月04日  19,561.96         72.51

        2018年12月28日  20,014.77         77.88

        2018年12月27日  20,077.62         76.17

        2018年12月26日  19,327.06         68.49

        2018年12月25日  19,155.74         65.64

         

         

         

        武田甲州の過去騰落レシオ

         

         

        日経平均株価のPER、PBR、EPS、BPSのデータ BY武田甲州

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | 騰落レシオ | 20:03 | - | - |
        小型株堅調
        0

          JUGEMテーマ:株・投資

           

          日経平均株価は200円超の値下がりの一方で

          東証マザーズ指数はプラス圏を維持。

           

          昨年大幅売り越しの外国人投資家の買戻しが期待されるところです。

           

          先週決算の

          UUUMやフィル・カンパニー、

          さらにはシンメンテなど高成長の企業が多数含まれる東証マザーズ。

           

          東証の第1部上場基準が変更されるということですが、

          米国ではハイテク企業=ナスダック株=高成長株という印象もあり、

          今後は無理して1部昇格ということも少なくなるかもしれません。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | コーヒーブレイク | 10:52 | - | - |
          日経平均株価200円安
          0

             

            JUGEMテーマ:株・投資

             

            日経平均株価が200円安。

             

            先ほどから下げ足が速くなってきました。

             

             

            米国の景況感の悪化が予想以上に進んでいるようです。

             

             

            ロイターの記事は以下の通り。

            米政府機関閉鎖、経済に予想以上の影響 大統領と議会の協議進まず

            政府機関の一部閉鎖で米経済に予想以上の影響が生じていることが、ホワイトハウスの試算で15日に明らかになった。閉鎖はこの日で25日目となったが、メキシコ国境の壁建設費を巡りトランプ大統領と民主党はいずれも譲歩の姿勢を見せていない。

            トランプ政権は当初、政府機関閉鎖による経済へのマイナス影響について、職員に給与が支払われない期間が2週間続くごとに成長が0.1%ポイント下押しされると試算していた。

            ホワイトハウス当局者は15日、この試算を週0.13%ポイントに修正した。一時帰休している38万人の職員に加え、請負業者も職務を行えないためとした。

             

            トランプ大統領はこの日、議会超党派グループのメンバーを昼食会に招いたが、ホワイトハウスは民主党メンバーが出席を辞退したと明らかにした。共和党議員9人は出席したが、この中には党指導部は含まれなかった。

            民主党下院指導部は、招待された議員に昼食会をボイコットするよう指示はしていないとした上で、会合がトランプ大統領のカメラチャンスになるだけかどうか考慮するよう促したことを明らかにした。

            これとは別に、上院で超党派議員グループが解決策を模索する動きも出ている。共和党メンバーのマカウスキ上院議員は記者団に対し、同グループには「機運」があると述べたが、詳細には触れなかった。

            民主党メンバーのマンチン上院議員は「全てが協議の対象となる」とし、「グループの誰もが意見を交わしている。皆が打開策を見いだすことを望んでいる」と話した。

            米議会は来週、休会に入る予定だったが、上院と下院はいずれも、政府機関閉鎖が続いた場合、休会を取り止めると明らかにした

             

             

            | コーヒーブレイク | 10:45 | - | - |
            | 1/2031PAGES | >>